不動産投資全般

転勤族でも不動産投資はできるのか?注意するべき3つのポイント

こんにちは、はるひとです。

今回は転勤族でも不動産投資はできるのか?
について注意するべき3つのポイントを解説していきます。

今回ご紹介する、注意するべき3つのポイントをしっかり押さえておけば、
転勤族でも、不動産投資をうまく進めていく方法がわかるようになりますし、
不動産投資で成功できるようになっていきますので、ぜひ最後までお読みください。

私が不動産投資を始めた2014年の頃は、製薬会社に勤めておりました。

その頃は営業だったんですけれども、
製薬会社の営業マンって全国転勤が基本なんですよ。

なので私も転勤族だったんですが、
転勤族だと不動産投資を始めるのに融資とかでネックにならないの?とか、
物件から離れてしまってもちゃんと運営できるの?と思いますよね。

私も昔はそう思っていました。

ですが、
結果として転勤族だった私でも
普通に不動産投資を始めることができました。

なので、基本的には転勤族だからといって不動産投資ができない、
という事はないですし、特に不安になる必要もないと思います。

ですがいくつか注意点があるので、
これをしっかりと押さえていただければ、
転勤族でも不動産投資で結果を残していけるはずです。

その注意点を3つ解説していきます。

それでは早速まいりましょう。

転勤族でも不動産投資はできるのか?注意するべき3つのポイント
その1)
今住んでいるエリアで不動産投資を考える

まず1つ目の注意点は、
今住んでいるエリア周辺で不動産投資を考えた方がいい、ということです。

実際不動産投資を始める場合って、
銀行の融資を使うケースが多いですよね。

そうなると、結構離れた場合だと融資をしてもらえない可能性があるんですよ。

例えば私の場合は、大学を卒業して最初の勤務地が仙台だったんですけれども、
出身は北海道なんです。

なので、じゃぁ北海道の物件を買って不動産投資をしようと思っても、
仙台の銀行が北海道の物件に融資をするかというと、融資しないんですよ。

ただ、仙台にある北海道の銀行が北海道の物件に融資をする可能性はあったりします。

ですが、仙台にある北海道の銀行って北海道銀行くらいしかないんですよ。
そして、この北海道銀行っていうのは、不動産投資に全然融資をしない銀行なので、
そうなるともう選択肢がないですよね。

となると、不動産投資を始めることができません。

なので、今住んでいるエリア周辺で不動産投資を考えた方が断然良いんです。

私の場合だったら、大学新卒で仙台に配属されてきたので、
そういう場合は、仙台周辺で不動産投資を考えた方がいいってことですね。

仙台で不動産投資をするとなったら、仙台にある銀行が使えます。

仙台にはたくさんの銀行があるので、選択肢が非常に多いですよね 。

しかも物件が仙台にあれば、物件を見に行く時もすぐに車で行けますし、
修繕なんかも自分でできたり、手配したりすることもできますよね。

なので、できれば住んでいるエリア周辺で、不動産投資を考えた方がいいってことですね。

融資の兼ね合いもありますし、物件を見に行ったり、
売買契約をしに行ったりするのも、近い方が断然楽です。

ただ私は仙台に住みながら、
250km離れた秋田の物件を買ったので、結構遠かったんですけどね。笑

なので、仙台に住んでいる私が、
いきなり九州の物件を銀行融資を使って買おうと思っても、
ほぼほぼ無理なんですよ。

ただ、公庫やメガバンクの場合は全国対応しているので
それらを使うことができれば、
離れているエリアでも物件を買っていくことができます。

でも、移動とかでいろいろ大変だと思いますので、
できれば今住んでいるエリア周辺で、物件を買い進めていくのがお勧めです。

これが1つ目の注意点です。

転勤族でも不動産投資はできるのか?注意するべき3つのポイント
その2)
土地勘をつけて賃貸事情を把握する

そして2つ目の注意点は、
土地勘をつけたり賃貸需要をしっかり把握する、ということです。

今住んでいるエリア周辺で物件を買うとなっても、転勤してきたばっかりだと
土地勘がなかったり、賃貸需要がいまいちわからなかったりしますよね。

物件の周辺に何があるのか、賃貸需要がどうなのかというのを、
しっかり把握していないと、
満室経営ができなくなってしまう可能性があります。

建物としてはいい物件だとしても、賃貸需要が全然なくて満室経営ができないと、
不動産投資でなかなか稼いでいくっていうのは難しいですよね。

転勤してきたばっかりだと、土地勘がわからなかったりするので、
まずは車や電車などでいろんなところに行ってみて、
良い雰囲気のところとか、人気のエリアとかを散策してみるといいです。

やっぱり不動産投資を始める場合は、知っているエリアの方が断然いいです。

もちろん全然わからないエリアに買ってはいけない、
ということではないです。

ただ、知っているエリアと知らないエリアだったら、
やっぱり知っているエリアの方がいいですよね。

なので、あなたが今住んでいる街がどういう街なのかを、
しっかりと調べたり、実際に歩いてみたりするといいです。

ちなみに、私が買った物件は秋田だったんですが、秋田の土地勘とか全然なかったです。

ですが、周辺に県庁とか病院とかもありましたし、
繁華街も近いエリアだったので、これはいけると思って物件を買いました。

ですが、やっぱり土地勘があったり、
賃貸需要がある程度わかっているエリアに買っていったほうが、
無難だとは思います。

まぁ私の場合は、
利回りがかなり高かったので、もう飛びつくように買いに行きましたが、
そんなパターンってあんまりないと思うので、

やっぱり住んでいるエリア周辺でしっかり土地勘をつけたり、賃貸需要を把握していって
そのエリアで物件を買うっていうのが、1番いいかなと思います。

転勤族でも不動産投資はできるのか?注意するべき3つのポイント
その3)
物件の管理は不動産会社に任せる

そして3つ目の注意点は、
物件の管理は不動産会社にお任せした方がいいということです。

転勤してきたエリアで物件を探して、無事に良い物件を買えました!
ってなった場合は、物件の管理は不動産会社にお任せした方が良いです。

なぜなら物件を買った後に、もしあなたがまた転勤した場合、
その物件から離れてしまいますよね。

そうなると、自主管理していた場合距離が離れてしまうので、
自主管理ができなくなってしまうこともあります。

転勤の準備などで忙しい時に、新たに管理会社を探したりしないといけないので、
結構慌ただしくなりますよね。

ですから、物件の管理はなるべく不動産会社にお任せしておきましょう。

不動産会社に管理をお任せしておけば、距離が離れていても関係ありませんし、
管理を委託しておけば、自分で色々と動く必要がないので物件を増やしていっても
忙しすぎて問題になる、という事は無いですよね。

しかも不動産会社は、自分で管理している物件から入居を決めよう、
と考えている傾向にありますので、

自主管理にしてしまうと、なかなか満室経営できないことにもなりかねません。

そうなってしまうと、ちょっと微妙ですよね。

管理料が高いとかで管理を委託するの避けてしまうと、
結局入居がなかなか決まらなかったりします

なので、最初から管理を委託してしまった方が、
トータルの手取りが増える、なんていうこともありえます。

なので物件の管理は、将来また転勤した場合もありますし
入居づけに関しても影響があるので、
できれば不動産管理会社に管理を任せた方が、

しっかりと不動産経営ができるでしょう。

私も現在所有しているアパートは、全て管理会社に管理を委託しています。
何かトラブルがあった場合は、ちゃんと対応してくれるのでとても助かっています。

なので、転勤族の場合でも転勤族じゃなくても一緒なんですが、
物件の管理は、管理会社に任せた方がいいということですね。

まとめ

転勤族でも不動産投資はできるのか?注意するべき3つのポイント

  1. 今住んでいるエリア周辺で不動産投資を考える。
  2. 土地勘をつけて賃貸需要をしっかり把握する。
  3. 物件の管理は不動産会社にお任せする。

不動産投資をする場合は、物件の管理は委託しちゃって、
あなたは、あなたにしかできないことに集中していきましょう!

その方が、きっと結果が出るのが早くなっていきますよ!

ぜひ不動産投資で成功して、人生をよりよい方向にしていきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください