新築ワンルームマンション投資

老後のために不動産投資をやっても破産するだけだからやめておけ

こんにちは、はるひとです。

今回は、
老後のために不動産投資をやっても、破産するだけだからやめておけ、
というテーマになります。

ちょっと煽りっぽいテーマになってしまいましたが、
老後のために不動産投資を始めても
失敗してしまうケースって、
結構多いんですよね。

なので、そういった失敗をしないためにも、
ちゃんとした覚悟を持って不動産投資を始めることが重要です。

さらに今回は、
不動産投資でしっかりと老後の資金を作る方法についても
ご紹介していきますので、ぜひ最後までお読みください。

老後のための不動産投資はやめる 

まず初めにお伝えしたいのは、
老後のために不動産投資をやるっていうのは
やめておいた方がいいということです。

これは、どういうことか。

不動産投資は、不動産賃貸業というビジネスなんですよね。
なので、
老後に備えてビジネスをしておくって、何かおかしいじゃないですか。

例えばあなたが居酒屋を開業するとして、
「老後のために居酒屋を開業しておきます」
って何か変ですよね。
そんなのあり得ないですよね。

普通に居酒屋をオープンするなら、

・客単価はいくらで
・仕入れはいくらで
・家賃はいくらで
・人件費はいくらで
・売り上げはこれくらい見込めそうだな

とかいろいろ計算して、
どうやったら利益を上げられるかを考えるのが、普通ですよね。

老後の備えのために居酒屋をオープンするなんて事は、
ないと思うんですよ。

ですが、これが不動産投資になると、
なぜか老後の資金のために、という話になるんですよね。

不動産投資も、

・家賃をいくらに設定して
・経費を抑えて
・修繕はどれくらいやって
・入居者のサービスはこういう風にして

といろいろ考えて、計算しなければいけないんです。

つまり何が言いたいのかというと、
不動産投資も普通のビジネスと一緒で、
どうやったら利益が出るのかを、考えないといけないんです。

物件をゲットしたら、すぐに稼がないといけないんです。
なので、
老後の備えじゃなくて、すぐに利益を上げるにはどうしたらいいかと、
考えないといけないんですよ。

物件を手に入れて、その年を黒字にする為にはどうしたらいいのかと、
考える必要があるということです。

なので、
老後ではなく、すぐに稼ぐようにしないとダメなんですが、
なぜか不動産投資になると、
将来の老後の備えみたいな感じになる人が多いんですよ。

その考え方だと、確実に失敗してしまうので、
将来の老後の備えみたいな考えで不動産投資は、やらない方がいいです。

これはかなり重要な考え方なので、絶対に覚えておきましょう。

不動産投資ですぐに利益を上げる方法

それでは、
どうすれば不動産投資ですぐに利益を上げられるようになるのか
について、解説していきます。

まず大事なことは、利益が出ないような物件は買わないということです。

不動産投資で成功することよりも、
まずは失敗しないことを考えた方がいいということです。

例えば業者に勧められた新築ワンルームマンションとか、
新築アパートを買わない、ということです。

大体そういった業者がごり押ししてくる物件は、
ろくでもない物件ばっかりですので、
絶対にやめておきましょう。

次に、
すぐに稼げる物件というのは、どういう物件なのかについて、
考えていきます。

すぐに稼げる物件とは、
返済してもキャッシュフローが得られる物件だということです。

不動産投資の初期段階では、
まずキャッシュフローが見込める物件を買っていかないといけません。

このキャッシュフローというのは、
家賃収入から銀行返済と経費を差し引いて、
手元に残った金額のことを指します。

これが1年間で見た場合に、
プラスにしていくことができるかどうかです。

銀行に返済したら、手元にお金がなくて、
マイナスになってしまうような物件は、結構危ない
ということです。

どういう物件だったら利益を上げていけるのかというと、
私がお勧めしているのは、中古アパートです。

中古アパートでしたら部屋が複数あるので、
区分マンションのように空室になったら、
いきなり家賃収入が0円になる、ということもないですし、

大きな金額にはならないので、
初心者でもそこまでハードルが高いわけではありません。

ですが、最近は融資がちょっと厳しくなっていますので、
中古の戸建てを買って不動産投資を始めるか、

不動産投資以外のビジネスを始めて、
どんどん実績を作ってから中古アパートを買っていくのが
いいのかな、と思います。

さらにそこそこの規模になってなってきたら、
新築アパートもオススメです。

業者が提案してくる新築アパートは、ちょっと微妙なんですが、
自分で安い土地と建築会社を見つけることができれば、
結構利回りの高い新築アパートを
建てることができます。

このように、
キャッシュフローがある程度見込める物件を
買っていくことができれば、
老後のための資産もどんどん増えていくことになるんですよ。

最初から老後のために不動産投資をやるのではなく、
すぐに利益を上げるために、不動産投資をしていけば、
結果的に老後の資産のためになったりするんですよね。

不動産投資は不動産賃貸業というビジネスですので、
まずはしっかりキャッシュフローが狙える中古アパートや、
新築アパート、中古の戸建て、中古一棟マンションなどを買って、
すぐに利益を上げられる体制を作っていきましょう。

まわりに良い影響を与える不動産投資家をめざす

そして最後にお伝えしたいのが、
自分のためだけではなくて、
周りにどんな影響が与えられるかということを、
意識してもらいたいんですよ。

老後のためとか、自分が稼ぐためだけだと、
不動産投資をやるのって、全部自分のためだけ、
ということになってしまいますよね。

もちろん最初はそれでもいいんですが、
このブログを読んでいるあなたには、
もっとその先のステージをめざしてもらいたいんですよ。

それはどういうことかというと、
自分のためだけではなく、
周りにもいい影響を与えられるような不動産投資家に
なってもらいたいということです。

自分が満足するためだけだと、幸福度も大きくはならないんですよね。

やはり、自分が周りに良い影響を与えていて、周りの人が喜ぶことで
あなた自身も幸せを感じられると思うんです。

自分だけの満足感のために不動産投資をやっても、必ず飽きが来ます。
その先のステージを、どんどんめざしていってもらいたいんです。

周りの人にも良い影響を与えられる不動産投資家を、
一緒にめざしていきましょう。

まとめ

今回は、
「老後のために不動産投資をやっても破産するだけだからやめておけ」
というテーマでした。

ポイントとしては、
老後のために不動産投資をやるのではなく、
今すぐ稼げるようになるために、不動産投資をやらないといけない、
ということです。

なぜなら不動産投資は、不動産賃貸業というビジネスなので、
まずはどんどん利益を上げていかないといけません。

毎年毎年、利益を上げていくことができれば、
結果的に老後の資産にもなっているはずです。

そうなるためには、
利益が出ないような新築ワンルームマンションや
業者が勧める新築アパートは買わずに、

しっかりキャッシュフローが見込める物件を買っていくことが、
大事だということです。

そして、不動産投資で成功することができたら、
さらに周りにも良い影響を与えられるような
不動産投資家をめざしていきましょう。

ぜひあなたも、
しっかり利益が出る物件を手に入れて、
どんどん不動産投資で成功していきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください