初心者向け

不動産投資に向いてる人と向いてない人を不動産屋の担当者に直接聞いてみた

不動産投資に向いてる人、向いてない人

こんにちは。大辻春人です。

今回は不動産投資に向いてる人と向いてない人について解説していこうと思います。

というのも、先日、お世話になっている不動産屋の担当者と飲みに行った時に、
不動産投資に向いてる人、向いてない人の話で盛り上がりまして(笑)。

そのときの話と、私の見解を交えて書いていきますね。

この記事を読むだけでも、
あなたが不動産投資に向いてるかどうかがわかるはずです。

ぶっちゃけ不動産投資に向いてる人、向いてない人の特徴を上げれば、
100とか200くらい挙げられちゃいます。

例えば、不動産投資に向いている人とは…

  • コツコツ努力できる人
  • 長期的に物事を考えられる人
  • コミュニケーション能力が高い人
  • チャレンジ精神がある人
  • 責任感が強い人
  • 勉強熱心な人
  • 安定した収入がある人
  • マメな人
  • お金稼ぎに貪欲な人

etc・・・・・・・

みたいな感じです。(ちなみに不動産投資に向いてない人はこの逆パターンの人です)

本当に挙げればキリがありません(笑)。

しかも、全部が良い方に当てはまるパーフェクトな人間なんていませんよね。

なので、

「もしかしたら自分、不動産投資に向いてないかも…」

と感じてしまっても、心配する必要は全くありません。

さすがに、超ダメ人間だったら不動産投資で成功するのは難しいですけど(笑)。

なので、今回は不動産投資に向いてる人、向いてない人の特徴を
『厳選した3つ』に絞っていきます。

実際この3つさえしっかりしていれば、不動産投資で成功することは簡単ですし、
他のビジネスとかをやってもうまくいくはずです。

ですが、この3つができていないと、
正直、不動産投資で結果を出すのは難しいかもしれません。

それくらい重要な項目ですので、しっかりと覚えていただけたらなぁと思います。

今回ご紹介する3つの項目をクリアできれば、
不動産投資でも成功できるようになりますし、
あなたの人生も確実に良い方向に激変させていくことができますよ。

不動産投資に向いてる人、向いてない人の特徴(1)何事も自分で決めることができるかどうか

決断力

まず一つ目のポイントですが、

『何事も自分で決めることができるかどうか』

です。

不動産投資というかアパート経営、マンション経営をするに当たって、
何かを決めることって非常に多いんですよ。

例えば、

  • その物件を買うかどうか
  • どんな物件を狙うか
  • 不動産会社からの提案を受け入れるかどうか
  • リフォームをどれくらいするか
  • 家賃をどうするか
  • 入居者に対するサービスをどうするか

など、自分自身で決めていかないといけない場面が非常に多いです。

つまり、『決断力』があるかどうかなんです。

…という私も、初めから決断力があったワケではありませんでした。

私が不動産投資を始めたキッカケは、
新築ワンルームマンション投資に興味があったからでした。

なんか、

「東京の一等地にあるマンション一室に投資してるなんて、カッコ良さそう!」

って思ってました(笑)。

で、それが大学4年生くらいのことだったんですが、
結局そんな不動産投資をするなんて勇気がなくて、普通に社会人になりました。

そして、社会人3年目のときに、新築ワンルームマンション投資の営業に遭遇し、
新築ワンルームマンション投資を勧められました。

ですが、結局新築ワンルームマンションは儲からないことがわかりました。

ワンルームマンション投資で成功するには
新築ワンルームマンション投資で成功するための方法と重要な5つの考え方あなたは新築ワンルームマンション投資を成功させたいですか? せっかく投資をするんだから、当然成功させたいですよね! 今回は新...

そこで、今度は中古の区分マンションに狙いを定めたんです。

そして、ある不動産会社から、
仙台駅前のリフォーム済み築古マンションの一室を勧められたんですが、
よくよく考えると全然良い物件じゃなかったんです。

ですが、決断力がなかった私は営業マンに押されまくって、
買う一歩手前くらいまでいってしまったんです。

ただ、妻に相談したところ、
「その物件はやばい」ってことになって買わなかったんですが(笑)。

こんな感じで、私も昔は不動産会社の営業マンに流されそうになったり、
妻の反対にあったりと、全然自分の軸がなかったんですよね。

不動産投資は自分の軸がなかったり、
自分で判断できず何事も自分で決める能力がないと、
全然儲からない物件を買わされてしまって失敗してしまうことになります。

なので、何事も自分の決断には責任を持つ、自分の軸を持つというのが、
不動産投資に向いてる人になるためのポイントです。

私もこの決断力ということに関してはすごい意識していて、
自分の投資スタイルや決断には責任をしっかり持つよういしています。

そのおかげで、立地が割とよくて利回り20%超えの物件を即決して、
満室経営させることができるようになったり、
新築アパートで月20万円近くの利益を上げることができるようにもなりました。

私が不動産投資を始めるきっかけを作ってくれた不動産会社の担当者との飲み会でも、

「やっぱり自分自身の決断に責任を持ってる人にいい物件を紹介したいですね!」
と言ってました。

不動産投資に向いてる人になるには、

『何事も自分で決めることができるかどうか』

つまり、決断力があって、自分の決断に責任が持てる人、
というのが重要になりますよ。

不動産投資に向いてる人、向いてない人の特徴(2)行動や決断が早いかどうか

行動力

二つ目のポイントは、

『行動や決断が早いかどうか』

です。

先ほど、決断力があるかどうかが、
不動産投資に向いてる人か向いてない人かを分けるという話をしましたが、
その決断の“早さ”も非常に重要になります。

なぜかというと、不動産投資で良い物件を手に入れるためには、
『スピード』が鍵になるからです。

良い物件って本当にすぐ売れてしまいます。

私が1棟目のアパートを買った時の話なんですが、
秋田市の県庁の近くの物件で場所は非常によかったんです。

築30年ではあったんですが、外観も部屋の中も綺麗で、
軽量鉄骨造で表面利回り19%くらいあり、かなりの優良物件でした。

で、私がその情報を仕入れたのが9月22日で、
次の日の9月23日がたまたま祝日だったので、
すぐにそのアパートを見に行ったんです。

まぁ見た目も綺麗で特に問題点とかもなかったんで、
その9月23日に申し込みしました。

私が情報を仕入れて1日、
不動産会社がその情報を仕入れたのは2、3日前くらいだと思います。

なんとかギリギリ1番手で申し込むことができたんですが、
なんと!私の後ろに3人くらいすぐに申し込みがあったんです!

結局、私が無事に融資のOKを貰えたので、買うことができたんですが、

「周りの食いつくスピード、どんだけ早えんだよ…」

ってその時思いました。

この時から『不動産投資はスピード勝負だな』って感じることができたので、
良い物件はできるだけ早く決断することを意識しました。

じゃないとすぐになくなってしまいますからね。

ネットに出てる売れ残ってる物件を普通の値段で買っても、
利益を上げるのって今はなかなか難しい状況です。

不動産投資で結果を出せる、不動産投資に向いてる人というのは、
行動や決断が早いというのが大きなポイントになります。

なので、普段から行動や決断を早くしておく練習をするといいです。

例えば、

  • 仕事を期限ギリギリじゃなくて、頼まれたらすぐに終わらせる
  • 知人や友人からオススメされた本やメルマガをすぐに読んでみる
  • 何事にもノリよく挑戦してみる
  • 教えてもらったことをすぐに実践してみる
  • 小さなことでもいいからアウトプットしてみる

などなど。

これらのことを普段の日常から意識することで、
不動産投資で良い物件が出てきた場合でもすぐに行動できるようになりますよ。

不動産投資に向いてる人、向いてない人の特徴(3)向上心があるかどうか

向上心

不動産投資で成功するためには、やはりある程度の勉強は必要になってきます。

それに、「もっと規模を拡大していきたい!」とか、「色んな物件の投資をしてみたい!」
と思っている人の方が、良い物件を手に入れやすいです。

つまり、『向上心があるかどうか』なんですね。

向上心がなかったり、自分で勉強する意思が全然ない人は、
悪徳不動産会社のいいカモにされて、全然儲からない物件を買わされてしまいます。

私の知り合いで、親の親から代々続く会社の経営者がいて、
資産は結構持ってるんですけど、全然自分で勉強とかしないんですよ。

いつも私に電話かけてなんでも聞いてきたりして、ちょっと大変なんですが…(笑)。

で、やっぱりそういう人に限って、
全然利益が出ない中古RCマンションとかを買わされたりしてます。

しかも空室が増えて結構大変そうにしてました。

売却しようにもローン残高よりも安くしか売れない…
みたいな感じで、完全に八方塞がりです。

やはりですね、自分で勉強する気がなくて、全部業者任せ!みたいに考えてる人
=向上心がない人は、不動産投資には向いていないと思います。

業者側からしたら、完全に「いいカモが来たぞ〜(^^)♪」みたいな感じだそうです(笑)。

全然儲からない新築ワンルームマンションとか、
利益が薄い古〜い中古マンションとかを買ってしまうと、
なかなか復活するのが難しくなってしまいます。

そうならないためにも、
不動産投資に関してはしっかり勉強したり、
不動産投資だけでなく、ビジネスやマインドに関しても勉強を怠らない人が、
不動産投資に向いてる人でしょう。

私も最初は不動産投資の勉強だけで、

「自分だけ儲ければいい!」

みたいな自己中心的な考えでした。

ですが、
ビジネスや自己啓発のセミナーに参加したり、
良さそうなメルマガを読んだりすることで、
周りのことも考えられるようになっていきました。

そしたら、不動産投資でも結果が出るようになりましたし、
人生そのものも充実していったんです。

こんな感じで、向上心があれば、不動産投資で結果が出るのはもちろんですし、
いい想いを持った仲間に囲まれて、幸せな人生を送っていけるようにもなっていきますよ。

不動産投資に向いてる人、向いてない人の特徴(まとめ)

今回は不動産投資に向いてる人、向いてない人の特徴について
ご紹介させていただきました。

不動産投資に向いてる人というのは挙げればキリがないんですが、
中でも重要なのが3つある、ということでしたね。

わかりやすくまとめると…

不動産投資に向いてる人 不動産投資に向いてない人
何事も自分で決めることができる
決断力がある
全部他人任せ
決断力がない
行動や決断が早い
行動力がある
優柔不断で行動や決断が遅い
行動力がない
向上心があって勉強熱心
新しい価値観を取り入れる
向上心がなく全然勉強しない
古い価値観のまま改善がない

こんな感じでしょうか。

この3つの項目に関しては非常に重要ですので、ぜひ意識してみてください。

むしろ、これだけ意識することができれば、
不動産投資で成功する確率は格段に上がりますし、
不動産投資だけでなく、人生全体も良くしていけるはずです。

ぜひあなたも、不動産投資で経済的な成功はもちろん、
精神的な成長や、幸せな人生を実現していってくださいね!

不動産投資の初心者がいきなりアパート経営して大丈夫?
不動産投資の初心者がいきなりアパート経営して大丈夫?私が24歳でいきなり中古アパートを買ってわかった2つのこと 「不動産投資を始めたいんだけど、 ワンルームがいいのかアパートがいいかわからない…」 「初心者がいきなりアパート経営する...
ABOUT ME
大辻 春人(おおつじ はるひと)
大辻 春人(おおつじ はるひと)
一部上場の製薬会社に勤めながら不動産投資を始め、中古アパート4棟、新築アパート1棟を所有し、専業大家になる。現在は不動産投資を続けながらも、一人でも多くの人に充実した人生を送ってもらいたいと願い、不動産投資だけでなく、人生全体をサポートするための情報を発信中。            →詳しいプロフィールはこちら      \ フォローしてね♪ /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください