不動産投資マインド

不動産投資を始める前と始めた後で変わったこと

こんにちは、はるひとです。

今回は、
不動産投資を始める前と始めた後で変わったことについて、
お伝えしていきます。

このブログを読むだけでも、
不動産投資を始めることであなたがどのように変化していけるかが
イメージできますし、

新しい人生をスタートさせることが
できるようになりますので、ぜひ最後までお読みください。

私が不動産投資を始める前と始めた後では、本当に人生が変わりました。

今回は、
特に変わったなぁと思うポイントを3つに絞って、
お話ししていきます。

まだ不動産投資を始めていない人は、
不動産投資を始めたら本当に人生が変わっていきますし、

もうすでに始めている人でも、
今回の内容を聞いていただければ、
さらに人生が良い方向に変化していくと思います。

それでは早速まいりましょう。

不動産投資を始める前と始めた後で変わったこと その1)
お金と時間に対する考え方

一つ目は、
お金と時間に対する考え方です。

私は2012年から製薬会社に勤めて、サラリーマンをやっていたんですが、
2018年3月に会社をやめたんです。

大学の新卒で入社したので、普通に月給20何万円でした。

毎朝7時過ぎくらいに家を出て、仕事に向かって、
薬の営業をしまくっていました。
夜は7時ぐらいに帰ってくるという、よくあるサラリーマンですよね。

まぁ製薬会社だったので、朝は割と早かったんですけどね(笑)
もう、ごくごく普通のサラリーマンですよ。

上司に怒られたり、
取引先のクリニックとトラブルになったこともありました。

仲良くなった先生とゴルフに行ったり、フットサルをしたりして、
営業マンとして顔を売ってましたねぇ。

いや〜懐かしいですね(笑)

そんな私だったんですが、
2014年頃からあるきっかけで、不動産投資を始めて、
中古アパートが一棟買えたんですよ。

その中古アパートを買ってからは、
今までの価値観がガラッと変わって、
ぶっ壊されることになりました。

なぜかというと、
アパートを買ったあとは、することって少ないんですよ。

一棟目に買った中古アパートは、
遠方だったという理由もあるんですが、
オーナーができることって限られるんですよね。

なので、物件を買ってからは、
ほぼ何もしていないのに、お金が勝手に振り込まれてきたんですよ。

「不動産投資なんだから、当たり前だろ」っていう話なんですが(笑)

当時の私は、
サラリーマンとして働くことでしか、お金を稼げないと思っていました。

それ以外の方法とか、
なんとなく知ってはいたけれど、現実味がなかったんですよね。
パソコン1台で稼ぐとか無理じゃね?と思っていました。

それがアパートを買って、
いきなり10何万くらい振り込まれてきて、

「うわ、なんだこれは!こんなにお金が入ってくるのか!」と思ったんです。

その時に、
会社で働く以外でもお金を稼ぐことができるんだと衝撃を受けました。

こういった経験や感覚は、
やはり不動産投資をしていなかったら、得られなかったと思います。

20代半ばで、サラリーマン以外でもしっかりとした収入を得られた経験は、
大きかったと思います。

もし仮に、
ずっとサラリーマンを続けていて、給与収入しかない場合と、
今のように、複数の収入がある場合では、
やはり意識や考え方が全然違うと思うんですよね。

サラリーマン時代の私は、
会社のために働き、労働時間を売ってお金を得る、
という方法しか知りませんでした。

不動産投資を始めていなかったら、
ずっとサラリーマンの価値観だったと思います。

もちろん、サラリーマンが悪いとか、
そういうことを言っているわけではありません。

どちらが良い悪いとかは、ないですからね。

ただ、昔の私は、
会社で働く以外でもちゃんと稼げるんだ!
ということを知らなかったのは事実です。

なので、
起業したり副業したりして、お金を稼ぐ場合は、
まずは最初の1円を稼ぎましょう、とよく言われます。

これはどういうことか、というと
時給感覚でお金を得る価値観から、抜け出すことなんですよ。

自分の力でもお金を稼ぐことができる感覚を掴むために、
まずは1円を稼げるようにしていきましょう、ということです。

私の場合は、
アパートからの収入が一気に10何万円も入ってきて、
もう今までの価値観が崩壊しましたね。

しかも不動産投資って、
放置していてもある程度お金が入ってくるんですよ。

なので、
収入が増えてくれば、時間も本当に自由になってくるので
時間に対する考え方も、ガラッと変わっていったんです。

不動産投資を始めるまでは、時給のマインドでした。

それを抜けることで、
時間の大切さや、時間以外の価値を提供をしてお金を得る重要性が、
わかるようになったんですよ。

このように、
お金や時間に対する価値観が大きく変化していったことが、
不動産投資を始める前と始めた後で、変わったことの1つ目ですね。

不動産投資を始める前と始めた後で変わったこと その2)
収入が増える

そして2つ目は、
単純に収入が増えたということです。

一棟目の中古アパートを買った時は、満室にすると、
月10万円くらいの手取りを実現することができたんです。

月々10万円ですので、
年間にすると100万円以上の手取りになりますよね。

月々10万円とか、年間100万円増やすって
不動産投資ならそこまで難しくないですが、
サラリーマンの給料を月10万円増やすって、結構大変だと思うんですよ。

私が勤めていた会社なんて、
1年働いてじゃあ昇給のタイミングです、みたいになって、
どれくらい給料が増えたかというと、月々1万円くらいでした。

しかも、それは子どもが生まれたから増えただけであって、
実際子どもの費用って、月1万円以上かかりますからね。

それじゃあ、
いつまでたっても、収入を増やすことはできないですよね。

10年ぐらい仕事をがんばって昇進していけば、収入も増えますが
10年たっても年収を100万円増やせるかどうかって、
結構微妙なラインじゃないですか。

それを中古アパート一棟買っただけで、
年間100万円位の収入を増やせるので、ものすごく効率が良いですよね。

利益がしっかり出る中古アパートを一棟買うことができれば、
サラリーマンの感覚では考えられないくらい、
収入を
増やしていくことができます。

やはり不動産投資を始める前と始めた後で、
収入が大きく変わったのは、衝撃でしたね。

不動産投資を始める前と始めた後で変わったこと その3)
人間関係が変わる


そして3つ目は、
人間関係が大きく変化したということです。

私がサラリーマンとして働いていた頃は、
関わる人は同じ会社の同僚や先輩、上司ですよね。

あとは製薬会社なので、
同業他社の人と結構関わる機会が多いんですが、
まぁ同じような業界の人がほとんどでした。

ですが不動産投資で稼いでいて、
サラリーマンを辞めて起業したいと思っていた私は、

起業を目指しているコミュニティに所属して、
起業したい人たちやすでに起業していて、
起業したい人をサポートする人達と関わることが増えました。

そうなると、どんどんマインドが変わっていくんですよね。

やはり、サラリーマンとして働いていた当時の私と、
すでに起業して自分でビジネスをやっている人のマインドは、
もう明らかに違っていたんですよ。

昔の私は適当に働いていても、ある程度売り上げも上がるし、
数字もギリギリで達成できるし、給料もそこそこもらえるから
いかにして楽をするか、みたいな考え方だったんですよ。

会社からみると、超迷惑なやつなんですけど(笑)

ですが、
不動産投資を始めて独立していきたいと思っていた私は、
すでに起業している人と関わる機会が増えていったことで、
自分自身のマインドが、書き換わっていったんですよ。

それまでは会社に依存する、という考え方だったんですが、
自分で稼いで独立するために、重要な考え方とか、
日常で気をつけることを、学んでいくようになりました。

やっぱり、会社から常に給料が入り続ける状況だと、
あまりセミナーに行ったり、コンサルつけたりしないですよね。

不動産投資を始めたことで色んなセミナーに出たり、
ビジネスの勉強をすることで、
人間関係がどんどん変わっていったんですよ。

今ではビジネス仲間と一緒にYouTube用の動画を撮影したり、
メルマガを書いたりして、日々活動しています。

サラリーマンの頃は、
あまり好きじゃない人とも関わらないといけなかったのですが、
今では、同じ理想や目標を持った仲間と一緒に活動しているので、
とても充実した毎日を過ごしています。

この、人間関係が大きく変わったというのが、3つ目でした。

まとめ

今回は、
不動産投資を始める前と始めた後で変わったことについて、
お伝えしました。

  1. お金と時間に対する考え方が変わった。
  2. 単純に収入が増えた。
  3. 人間関係が大きく変化した。

やはり不動産投資を始める前と始めた後を比べると、
私の人生はガラッと変わっていきましたし、
より充実した人生になっています。

あなたも不動産投資で結果を出していって、
どんどん人生をいい方向に変えていきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください