新築ワンルームマンション投資

新築ワンルームマンションは買ってはいけない!買った時点で99.99%失敗!

新築ワンルームマンションは買ってはいけない

こんにちは。大辻(@haruhito_otsuji)です。

今回は投資目的で新築ワンルームマンションは買ってはいけない!という内容でお送りしていきます。

 

はっきり言って、投資目的で新築ワンルームマンションを買った時点で99.99%が失敗です。

0.01%がまぁトントンくらいでなんとか収まるといった感じでしょうか。

ただ、「もうすでに投資目的で新築ワンルームマンションを購入してしまったよ…」というケースもありますよね。

 

ですが、安心してください。

 

新築ワンルームマンションを買ってしまった場合でも失敗することなく、トントンの状態まで戻す方法もご紹介していきます。

 

今回の記事を読むことで、不動産投資に失敗しなくなる「不動産投資の基礎マインド」を身につけることができます。

実は不動産投資で一番大切なことは、この「基礎マインド」なんです。

基礎マインドがしっかりしていれば、失敗することなく不動産投資を進めていくことができるようになります。

逆に基礎マインドがないまま不動産投資を始めてしまうと、失敗する可能性が非常に高いですよ。

 

それでは早速、本題に入っていきましょう!

なぜ投資用で新築ワンルームマンションを買ってはいけないのか?

まずはじめに、なぜ投資用で新築ワンルームマンションを買ってはいけないのでしょうか?

それは・・・

『利益がほとんど見込めない』

からです。

 

不動産投資には、賃貸に出して利益を上げる方法と、売却して利益を上げる方法の2つがあります。

ですが、新築ワンルームマンションの場合はこの利益を上げる2つの方法のどちらも見込めないんです。

賃貸に出してもダメ、売却するのも難しい、といった状況なので、所有していても赤字を垂れ流してしまうだけなんです。

 

不動産投資は不動産賃貸業というビジネスでもあるので、(というかほとんどビジネス)利益を上げないと意味ないんですよ。(参考:不動産投資は不動産賃貸業というビジネスであることを忘れてはならない

全然儲かりそうにもないのにラーメン屋出店して、案の定毎月赤字になったらどうですかね?

そのお店潰して、違うエリアで出店したり、メニューや値段を変えたりと工夫をしますよね。

 

ところが、新築ワンルームマンションの場合は、毎月赤字なのに何も工夫することもできず、ず〜っと経営しっぱなしのことが多いです。

これだと、ビジネスというか自己犠牲になってしまうので、絶対にやめたほうがいいです。

新築ワンルームマンションは買った時点で赤字になってしまうことがほとんどなので、まずは買わないようにしましょう。

なぜ新築ワンルームマンションは毎月赤字になってしまうのか?

では、なぜ 新築ワンルームマンションは毎月赤字になってしまうのでしょうか?

答えは簡単で、

『値段と諸経費は高いのに、家賃が安い』

からです。

 

新築ワンルームマンションってだいたい2000万円弱とかなのに、家賃8万とか9万くらいですよね。

私が持っている中古アパートも2000万弱ですが、毎月の家賃は1棟で30万弱くらい入ってきます。3倍くらい違いますね。

 

しかも新築ワンルームマンションってRCマンションのことがほとんどなので、管理費や修繕積立金といった諸経費も払わないといけません。

そうなると手取りが少なすぎて、銀行に返済するお金が足りなくなったりします。

 

なので、赤字になるということです。

 

高く買ったら高く貸したいところですが、家賃の相場はなかなか上がりませんし、家賃を上げると安くて同じ品質の競合物件に入居者が取られてしまいます。

売却するにしても、新築で買ってしまったので、あとは価値が下落するだけ状態になります。

新車で車で買っても、新車時以上の値段では売れないのと同じですね。

不動産投資は利益を出さないと意味がない

不動産投資は不動産賃貸業です。ビジネスです。ビジネスである以上、最低限利益は上げないと話になりません。

基本的には銀行から借り入れをして、賃貸業を行うわけですから、銀行返済や諸費用を含めてプラスにならないといけないですよね。

それを、

  • 節税目的だから
  • 将来の備えだから今の利益は関係ない
  • 投資用マンションを持っているステータス

といった意味不明な理由で不動産投資を始めたところで、失敗するに決まっています。

 

大事なことは、

『不動産投資=不動産賃貸業=ビジネス』

ビジネスだから最低限の利益を上げないと話になりません!!!

これが不動産投資の基礎マインドです。

ビジネスであるという感覚がないと、本当に失敗してしまって取り返しのつかないことになってしまいます。

 

具体的な数字で言うと、新築ワンルームマンション投資は、家賃収入に対して銀行への返済の割合が70%とか80%になってしまいます。

残りの20〜30%の中から管理費や修繕積立金を払うとなると、手元に残るのって何%ですか…?

 

アパート経営やマンション経営の場合、この家賃収入に対する返済の割合が60%以上になると結構危険信号です。

それが、70%、80%とかはもう完全にアウトなレベルなので、そもそも購入を検討する土台にすら乗らないんですよ。

 

それを間違った理由で買ってしまうと、返済比率や毎月の諸経費なども気にすることなく購入してしまうので、あとで取り返しがつかなくなります。

結局は自分でどうにかするしかない

不動産投資は不動産賃貸業なので、『経営者の視点』が必要なんです。

それを一般のサラリーマンが「誰かがどうにかしてくれるだろ」マインドで取り組んでしまうと、完全に失敗してしまいます。

 

物件のオーナーになった時点で、ある意味『社長』なので、最終的には自分で判断することになりますし、全て自分で決めていかないといけません。

ところが、誰かに依存したり、何か問題が起こったら全部誰かのせいにしていると、必ず失敗してしまいます。

 

結局は自分でどうにかするしかないのです。

 

そういったマインドがないと、不動産賃貸業で成功することは難しいです。

逆に全部自分事として捉えることができる人は成功することができます。

なぜなら、そこまで複雑なビジネスでもないからです。

物件を買って、誰かに貸すだけですからね。

 

いたってシンプルなビジネスなので、しっかりと基礎マインドを身につけておけば、成功することは十分に可能ですよ。

新築ワンルームマンションを買ってしまった場合は一括査定で売るしかない

もしあなたが新築ワンルームマンションを既に買ってしまったという場合は、一刻も早く売ることをおすすめします。

なぜなら、所有していていも赤字を垂れ流すだけですし、赤字物件を所有していることで新しいことに取り組む際の弊害になるからです。

 

赤字物件を持っているだけで、お金だけじゃなく、機会も損失してしまうことになります。

例えば、儲かりそうな中古アパートがあったとしても、赤字新築ワンルームマンションを所有しているだけで融資が不利になってしまうこともあります。

そんなことになってしまうなら、とっとと売ってしまって負債を少しでも減らしておいた方が、今後の機会損失を少なくすることができます。

 

そして、物件を売る際もできるだけ高く売却した方がいいので、不動産一括査定サイトを使うといいです。

車を売却する際も、車一括査定をして色んな業者に見積もりを取ってもらった方が、高く売れたりするじゃないですか。

あれと一緒で、不動産も一括査定をして色んな業者に見積もりを取ってもらった方が、高く売れる可能性が上がります。

 

私がおすすめしている不動産一括査定サイトは『イエウール』という一括査定サイトですので、ぜひ試してみてください。

>>>イエウールの公式サイトで今すぐ新築ワンルームマンションを一括査定してみる!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください