不動産投資マインド

【失敗例】サラリーマンが不動産投資で99.99%失敗する方法とは?

サラリーマンが不動産投資で99.99%失敗する方法

大辻です。

今日はサラリーマンが不動産投資で99.99%失敗する方法を話します。

不動産投資で成功する方法を語ってる先生は多いと思うのですが、失敗する方法をわざわざ教える先生は少ないと思います。

まぁそりゃみんな不動産投資で成功したいから当然ですよね(笑)

では何故わざわざサラリーマンが不動産投資で失敗する方法を話すかというと、実はこの失敗する方法をやってしまう人が意外と多いからです。

サラリーマンが不動産投資で99.99%失敗する方法

それは…

『新築ワンルームマンション投資』

という方法です。

 

1年で見た時に手取りがマイナスになってしまうのが不動産投資の失敗だ、と仮定したら、新築ワンルームマンション投資は手取りが1円も残らないことがほとんどなので当然ながら失敗します。

そこであらためて考えていただきたいのですが、新築ワンルームマンション投資をしたいと思っていますか?

おそらく「新築ワンルームマンション投資をしたい!」という方はこのブログをある程度熟読している人の中には居ないと思います。

何故なら、実は中古の集合住宅の方が最大の利益を生み出すとお伝えしているからです。

 

もう少し詳しく言うと、中古の集合住宅を増やすことによって得られる利益から生まれる「信用」が最大の利益に繋がるんです。

不動産投資は現金とローンではどっちがおすすめ?
不動産投資は現金とローンのどっちがおすすめ?メリット・デメリットを徹底分析!こんにちは。大辻です。 Twitterでも不動産投資情報を発信しているので、ぜひ見てみてくださいね。 大辻のTwitterは...

しかし多くの人は、不動産投資というと「新築ワンルームマンション投資」をイメージします。

当然、融資を組むことができれば「新築ワンルームマンション」も購入することはできますが、これは私のブログではあまりオススメしません。

 

特に初心者は新築ワンルームマンション投資はやめておいたほうがよくて、なぜなら以下のようなデメリットがあるからです。

  1. 返済額や管理費が高いので利益がほぼないどころかマイナス(家賃収入に対しての返済の割合や諸経費が高い)
  2. 売却するにも新築で買っているので、残債よりも高く売れない
  3. 1部屋なので退去したら家賃がゼロになってしまう

など。

 

私の個人的な予想ですが、新築ワンルームマンション投資(特殊な物件を除く)はお金を持っている中国人や超富裕層が現金一括で購入するようになるはずです。

新築ワンルームマンション投資は、収益性が低いので利益がマイナスになったり、売却益を狙うのが難しいため、このブログで紹介している「不動産投資で人生を変える!」という考え方とはあまり相性が良くないのですね。

不動産投資=不動産賃貸業という「ビジネス経験」を積んで人間的な豊かさを大事にする、という考え方とも相性があまり良くありません。

 

モチロン100%無理ではないのですが、今のところデメリットが超高確率で勝るという感じです。

サラリーマンが不動産投資で成功するなら・・・

一方で「中古の集合住宅」は毎年の利益を残しやすく、売却益も狙えるので、非常に不動産投資で結果を出しやすいものです。

中古の集合住宅だと、新築ワンルームマンション投資のように毎年の利益も売却益も狙えないということはありません。

 

しかしそんな「中古の集合住宅」も弱点があって、

それは…なかなか融資がつきにくいこともある、

という点です。

 

そこで今日は中古の集合住宅の次くらいに優秀な物件を紹介します。

それが

『新築アパート』

です。

新築アパート投資
新築アパート投資の利回りは8%を目指そう!土地から仕入れても高利回りを実現する方法こんにちは。大辻です。 今回は新築アパート投資の利回りと土地から仕入れても高利回りを実現できる方法についてご紹介します。 結...

今でこそ私は中古アパート3棟、新築アパート1棟を所有していますが、実は最初は「新築アパート経営なんて自分にはムリ!」と思っていました。

知識も実績も無いし、お金も持ってないし、普通のサラリーマンで医者とかじゃないし…

そんな自分が新築アパートなんか建てられるわけないと最初は思っていたのです。

 

でも勉強していくうちに、そんなことは無いことに気づきました。

考えてもみると新築アパートを建てる人って(全員がそうではないですけど)意外と普通の人が多かったり、最初はお金がなかったりします。

不動産に関してめちゃめちゃ詳しいワケではなかったり、お金持ちではなくても新築アパート経営をしています。

 

どんなに自分ができないと思っていても世界中を探せば…というよりも日本でさえ、特定の分野においては、自分より初心者のスーパー初心者(笑)も数多く居るわけですね。

サラリーマンが不動産投資で「できない理由を考えてしまう」と失敗する

私は不動産投資での一番の失敗は

「不動産投資を始めることができず嫌なサラリーマンを続けてしまうこと」

だと思っています。(サラリーマンが嫌だと思っている、という前提です。サラリーマンが悪いわけではありません)

 

…ここでサラリーマンが不動産投資で失敗する(始めることができない)ポイントをお伝えすると、

『できない理由を考えてしまう』

ということです。

 

『できない理由を考えてしまう』ということについて少し解説しましょう。

不動産投資の勉強を繰り返していくと、知識がどんどん増えてきていきますよね。

知識がどんどん増えていくと、人間何故かその知識を「これは〜だからできる」「これは〜だからできない」と自動で判断してしまうのです。

不動産投資で成功する人は、たとえ資格が無かろうと実績が無かろうとお金も何も無かろうと、「〜だからできない」というできない理由を一切考えず、それを「どうすればできるか」に変換することが出来るのです。

 

少し難しいかもしれないので、たとえ話を出しましょう。

私が不動産投資を始める前の頃は、不動産投資の本を15冊くらい読んで、不動産投資の勉強をしていました。

そして本をある程度読み進めていると、

「なんか言ってること同じだし、これなら私でもできそうだな」

と思うようになったんです。

 

不動産投資なんてしたことがないのに、不動産投資で成功できると確信していたんです。

どうしてこれが出来たのかというと、

「あの人(本の著者とか)にできて私にできないわけないな」

とある意味過信していて、『できない理由』なんか一切考えたことがなかったんです。

 

一方で、不動産投資に興味があった高校の同級生の鈴木君(仮名)は、私がおすすめした不動産投資の本を読んでくれたんですが、

「俺、貯金300万もないから不動産投資は無理だわ」

とすぐに諦めてしまったんです。(その本には最低でも300万円貯金しましょうと書いてあった)

 

正直、私も不動産投資を始めたときは貯金がゼロでした。

ただ、それだと銀行の融資が通らない可能性があるので、『見せ金』として一時的に親戚からお金を借りて、融資が通ったらすぐ返却するという、ちょっとした裏ワザを使ったりしました。

実際、それで無事に1棟目の中古アパートの融資が通って、親戚から借りたお金を1円も使うことなく返却しました。

 

まぁこの方法がいいかどうかは置いておいて(笑)

「300万円の貯金がないから不動産投資はできない」

という『できない理由』は考えずに、

「どうすれば300万円の貯金がなくても不動産投資ができるか」

みたいに、『できない理由』→『どうすればできるか』と変換して考えたことで、不動産投資で結果を残すことができるようになったんです。

 

『どうすればできるか』と常に考えるだけで、結果は変わってきます。

たとえば好きな人にアプローチをするときに、誘ったデートを1回断られただけですぐに諦めてしまうA君と、あの手この手でデート以外でも手紙やサプライズプレゼントとかで必死にアプローチしたB君だったら、どっちが好きな人と付き合えそうですかね?

なんかB君の方が可能性ありそうですよね。

 

つまり、今どれだけ知識を持っているかとか、今どれだけ実績とかお金があるかとかは、あまり関係ない、ということです。

お金や実績がないサラリーマンでも不動産投資で成功することはできる

ここはけっこう重要な考え方で、どうして重要かというと、不動産投資を始めることができない多くの人が、

『今の自分なんかじゃ、不動産投資を始めることなんかできない!』

と思ってしまうからです。

 

でも今日の話でなんとなく分かったと思いますが、お金の量や知識の量は問題ではなく、むしろ「それ以外」、たとえば、

  • どうすればできるか
  • あの人ができてるんだから私もできる
  • できない理由は一切考えない

とかの方が課題となってくるんです。

お金や実績がなかったり、借金が多かったりしても、

『できない理由』→『どうすればできるか』

と変換させることで、不動産投資を始めることができ、それが実績に繋がるんですね。

 

せっかくなので

「自分は不動産投資なんてできない」

なんて思わずに、自分でも不動産投資を始めるにはどうしたらいいかと考えることで、意外と自分にでも不動産投資ができる可能性があることに気づけると思いますよ!