不動産投資全般

人口が減る日本で不動産投資をしてはいけないというのは全くの嘘!

人口が減る日本で不動産投資をしてはいけないというのは全くの嘘!

こんにちは。大辻です。

Twitterでも不動産投資情報を発信しているので、ぜひ見てみてくださいね。

大辻のTwitterはこちら→@haruhito_otsuji

 

今の日本は人口が減少しているから、不動産投資をしてはいけない、と言われたりしたことはありませんか?

確かに日本の人口は減少しているかもしれませんが、だからといって不動産投資をしてはいけないというのは全くの嘘です。

なぜなら、人口が減っているからといって、不動産投資で稼げないわけではないからです。

むしろ、そういった情報を鵜呑みにする人が増えれば増えるほど、ライバルが減少するので、逆に稼ぎやすくなるかもしれません。

では、なぜ人口が減少していても、不動産投資で稼ぐことができるのでしょうか?

その理由を詳しくご紹介させていただきます。

不動産投資と人口減少は関係ない?大事なのは賃貸需要!

人口が減るからといって、不動産投資はしない方がいいというのは、非常に安易な考え方です。

もちろん、人口が明らかに増加して、地価も家賃相場も大幅に上昇することが見込まれるエリアに投資できればいいですが、日本にはそんなエリアはありません。

ただ、そんな好条件のエリアがないからといって稼げないわけでもないですし、必ず損するわけでもありません。

 

もし、人口が減るから不動産投資で稼げないのであれば、街の不動産屋はどんどん潰れてしまいます。

人口が減って、空室だらけになって、管理費も仲介手数料も取れずに、潰れ・・・ていませんよね?

なぜ人口が減少しているのに、街の小さな不動産屋は潰れないのでしょうか?

 

それは、賃貸需要はそれほど減少していないからです。

 

人口は減っているかもしれませんが、賃貸需要はそこまで変わらないでしょう。

賃貸需要があれば、街の不動産屋は、管理費も取れるし、仲介手数料も取れるんです。だから小さい不動産屋でも潰れないんです。

 

これと一緒で、不動産投資でも賃貸需要があって、満室にすることが容易なエリアに物件を購入することができれば、普通に稼ぐことができるんです。

 

大切なのは、人口じゃなくて賃貸需要です。

 

転売を繰り返す不動産投資でない限り、不動産投資は『不動産賃貸業』です。

部屋を貸すことによって利益を得るビジネスですので、全体的に人口が減っている都道府県だとしても、賃貸需要があるエリアに購入できれば、なんの問題もないんです。

人口が増加するエリアでも失敗してしまう

平成27年の国勢調査によると、人口増加率が一番高かった都道府県は沖縄県だそうで、その次が東京都でした。

人口が減少するから不動産投資をしない方がいいというのであれば、不動産投資をするなら人口が増加するエリアの方がいいということになりますよね。

 

ただ、東京で不動産投資をしてうまくいくかと言われれば疑問です。

東京の新築ワンルームマンション投資をして失敗している人は大勢います。

参考記事>>: ワンルームマンション投資のリスクを徹底分析!詐欺レベルの実態とは?

人口が増えている東京で不動産投資をすれば必ずしもうまくいくわけではありません。

 

もちろん、人口が増えているので入居づけは多少楽かもしれませんが、入居づけが簡単か難しいかで、不動産投資が成功するかどうかが決まるわけではありません。

人口も増えていて賃貸需要もあるんだけど、値段が高すぎては当然利益が出ません。

 

賃貸需要があって、なおかつ安く購入できたとき(=利益が出る値段で購入できたとき)に初めて不動産投資で稼ぐことができるんです。

 

しかも、人口が増えているからといって、賃貸需要が増えるわけではありません。

東京都全体で見ると増えているかもしれませんが、駅から徒歩25分で築古で住環境も悪いエリアだと入居づけするのも一苦労です。

人口が増えれば成功すると単純に考えてしまうのは、実は非常にナンセンスだったりするのです。

人口が減少するエリアでも成功してしまう

逆に人口が減少するエリアでも成功することは十分に可能です。

現に私が所有している2棟のアパートは、人口減少率No.1の秋田県(平成27年国勢調査)にありますが、どちらのアパートも満室経営を継続しています。

月々のキャッシュフローも30万円近く稼いでくれているので、中堅社員の月給くらいはもらえています。

 

秋田県は人口減少率No.1で、地価もトップクラスに安いですが、家賃の相場が地味に高いんです。

土地の値段が安いということは、アパートの値段も安くなる傾向にありますが、家賃が地味に高い。

 

なので、安く仕入れて、高く貸せるという、超おいしいエリアなんです。

 

しかも、人口が減っているからといって誰も買おうとしません。

ですが、中心部は転勤や就学、就職などで賃貸需要は普通にあります。

 

街の不動産屋も潰れずに普通にありますので、いきなり賃貸需要がなくなるなんてことは、北朝鮮のミサイルが秋田県の中心部に落ちてこない限り大丈夫でしょうw

 

こういった事例のように、人口が減っているエリアでも普通に不動産投資で稼ぐことは可能なんです。

もちろん、地方なので賃貸需要が少ないエリアに買ってしまうと大変ですが、賃貸需要があるエリアに安く買えることができれば、利益も出しやすくなります。

安く買っているので、高く売ることも比較的容易にできたりするんです。

 

なので、人口が減っているエリアだからといって、不動産投資が成功しないと思っていると、実際は稼げるチャンスを見逃してしまうこともあるので、変に先入観を持たないようにするといいですよ。

人口が増加するエリアへの不動産投資は海外不動産投資で、インカムもキャピタルも両方狙える

とはいうものの、やはり人口がどんどん増えて、開発されていく街やエリアに不動産投資をするといいですよね。

ただ、残念ながら日本にはそういった地域はほぼありません。

あるのかもしれませんが、私は知りません。もしあったら教えてください。(笑)

 

ですが、海外に目を向けると、人口や観光客が増えるようなエリアはたくさんありますよね。

例えば、インドネシアやフィリピンといった東南アジアの新しいリゾート地なんかは、どんどん開発が進んでいって、人口が増えたり観光客が増えたりするエリアです。

そういった土地の不動産を買えば、地価がどんどん上がり、家賃も高くなっていくので、インカムゲインもキャピタルゲインも狙えるという、おいしい思いをすることができます。

 

ただ、海外不動産投資は詐欺が多かったりするので、なかなか素人では手が出せないですよね。

なので、まずは日本で不動産投資の経験を積むことが、通常の流れになると思います。

 

日本の不動産投資は、東南アジアのような、莫大な利益は見込めませんが、安く仕入れることができれば、日本の物件でもキャッシュフローもキャピタルゲインも両方狙えることができます。

まずは日本で本当に儲かる物件を見つけて、不動産投資の経験を積むことが大切ですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください