テナント

不動産投資の裏技を使えば最低でも利回り20%以上は確保することが可能

こんにちは。大辻(@haruhito_otsuji)です。

ちょっと過激なタイトルになってしまいましたがw今回は『不動産投資の裏技を使えば最低でも利回り20%以上は確保することが可能』という内容でお送りしていきたいと思います。

 

「最低利回り20%とか絶対詐欺でしょwww」

「そんなうまい話があるならみんなやってるwww」

「みんなそういうのに騙されるんだよwww」

 

って思われても仕方ないですよね。だから不動産投資の裏技なのですが。

 

ただ、正直誰でもマネできる手法ではないですが、そんなに難易度が超高いのかと言われればそうでもない気がします。

 

私もこれから取り組もうと思っている事業内容なので、まだまだ不透明な部分はありますが、普通にやれば本当に最低でも利回り20%以上はいく計算になります。

もはや新築アパート経営とか中古アパート経営、マンション経営とかいう、いわゆる一般的な不動産投資がアホらしくなるレベルです。

 

この記事を読んでいるあなたでも実践することができる可能性は十分ありますし、うまくいけば利回り25%、30%以上も狙える裏技です。

利回り30%だったら、3年ちょっとでペイできてしまう計算なので、本当にアパート経営がアホらしいですよねw

4年目以降は丸々家賃が入ってくることになりますので、お金の心配はほぼなくなるでしょう。

お金の心配がなくなれば、お金以外のことに注力できる(例えば健康とか自分が心からやりたいことなど)ので、より人生がワクワクしたものになっていきますよね。

 

ぜひあなたも今回ご紹介する不動産投資の裏技を使って、人生をより豊かにしていってくださいね。

それでは、本題に入っていきます。

不動産投資の裏技。それは『土地貸し』だ。

不動産投資の裏技と聞かれれば大した裏技ではないかもしれないですが、土地そのものを貸してしまう『土地貸し』が今回ご紹介する裏技です。

 

一体どういうことなのか、詳しくご紹介しますね。

 

多くの人が想像する不動産投資って

  • 新築ワンルームマンション
  • 中古アパート
  • 新築アパート
  • 中古マンション
  • 戸建
  • シェアハウス

などではないでしょうか。

これらのものを購入したり新築したりして、入居者を見つけて賃貸する。そして家賃をいただく。

これが多くの人が想像する不動産投資ですよね。

実際に私もそう思ってましたし、まぁそれ以外だとテナントビルとかもあるけど、「ちょっとどうかなぁ〜」みたいな印象でした。

 

ところが、意外と盲点だったのが、今回ご紹介する『土地貸し』です。

 

『土地貸し』はその名の通り土地を買って、その土地を誰かに貸して、家賃をいただくという方法です。

「なんだよ、別に大した裏技じゃねぇじゃん」

と思うかもしれませんが、この『土地貸し』の破壊力が半端ないんです。

狙い目は田舎の国道沿いの広大な土地

土地貸しといっても、借り手がいないと意味がないですよね。

んで、狙い目は田舎の国道沿いの商業地域です。

 

田舎の国道って、意外とレストランとかスーパー、ドラッグストア、コンビニ、パチンコ店など、色々なお店がありますよね。

そういう土地って、実は自社で購入しているところだけじゃないんです。

最近は自社で購入しないで、誰かに購入してもらって、家賃を払ってお店を出店するパターンもあるんです。

 

確かに企業側としては広大な土地を購入して、事業がうまくいかず撤退することになったら大変ですよね。

そんなリスクを取るくらいなら、ちょっと高めの家賃を払って出店した方が良かったりするんです。

 

そして、私たち投資家はその田舎の国道沿いの広大な土地を購入して、一部上場の飲食店や企業に20年や30年契約で貸すんです。

それが今回ご紹介する不動産投資の裏技です。

まぁ普通すぎてあまり裏技感あまりないですがw意外と見逃していた部分だったので、今回記事にしてみました。

田舎の広大な土地は坪5〜10万くらいだから、高利回りが狙える

田舎は土地が安いです。

例えば、つい最近、岩手県北上市の国道沿い、信号交差点角地の420坪くらいの土地が3000万円で売りに出ていました。大体坪7万円くらいです。

 

420坪あれば、コンビニやファストフード店などが出店できる感じの広さです。

 

で、田舎のコンビニとかファストフード店の家賃って、月50万くらいらしいんですよ。(ここはちゃんとリサーチが必要)

月50万=年間600万円ですよね。

土地が3000万円です。

 

・・・・・・利回り20%です。

 

まぁ土地を買うときに仲介手数料と登記費用がかかるので、実際は3200万円くらいになりそうですが。

それでも利回り18.75%です。

 

もし、仮に家賃70万円で貸すことに成功すれば、年間840万円になりますよね。

そうなると利回り26.25%です。

 

・・・・・中古アパートとか中古マンションとかの普通の不動産投資がアホらしくなりませんか?w

 

4年でペイできちゃって、あとは残りの契約期間、自動でお金が振り込まれてくることになります。

20年、30年契約を公正証書で契約することになりますので、完全なる不労所得です。

もしお店が撤退しても、また違うお店を誘致できれば、問題ありませんし。

もっとすごいのが大型スーパーとか家電量販店

コンビニやファストフード店、ドラッグストアは家賃が50〜100万円くらいであまり高くありませんが(十分高いけどw)もっとすごいのが大型スーパーや家電量販店です。

まぁ家電量販店はネットで買い物する人が増えたので、ちょっと下火にはなってますが、スーパーとかはまだまだ勢いありますよね。

 

仙台でもヨークベニマルがガンガン出店してますからね。

 

例えば、スーパーだったら家賃が500万とかするらしいんですよ。(ここもちゃんとリサーチが必要)

もし500万だとすると、年間6000万円の家賃収入になります。

 

仮に3000坪の土地を購入するとして、その土地に家賃・・・じゃあ350万円で誘致できたとしましょう。

3000坪で坪単価5万だとしたら、購入価格が1億5000万円になりますよね。ちょっと値引きしてもらって、諸経費込みで1億5000万円で買ったとしましょう。

で、家賃収入が350万円=年間4200万円です。

 

 

・・・・・利回り28%ですwww

 

銀行から10年金利3%で1億5000万円借りたとしても、毎月200万円以上のキャッシュフローが残る計算になります。

 

本当に普通の不動産投資がアホらしくなりますね。

 

しかも管理会社に払う管理料とかないし、建物の修繕もないし、20年とかで公正証書で契約するから退去のリスクも低いし。

ランニングコストは固定資産税くらいですよね。田舎の土地だから固定資産税も安そう。

 

ん〜裏技感がどんどん出てきましたねw

大事なのは不動産会社との繋がりと、出店する企業との繋がり

ただ、この土地貸しのちょっと難しいところは、『人脈』がある程度必要になってくるということです。

土地はまぁそういった商業地域の広大な土地の地上げが得意な不動産会社に連絡を取って繋がればいいと思うんですが、問題は誘致する企業と繋がることですよね。

コンビニだったらセブンイレブンとか、ファストフード店だったらマクドナルドとかモスバーガーとかケンタッキーとかですかね。

ほかにもドラッグストアやフィットネス、コーヒーショップとかでもありですよね。

 

そういった企業と繋がることが重要です。

まぁ企業と繋がってる不動産会社もあるはずなので、不動産会社から攻略していくといいかもしれませんね。

その辺の人脈の作り方もちょっとリサーチしていきたいと思います。

 

土地活用のサイトとかもあるからそっちに登録してみるのも良さそう。

今度、土地活用のサイトについてレビューしていきますね。

不動産投資の裏技は意外にもシンプルで身近にあった

今回は不動産投資の裏技についてご紹介しました。

まぁ裏技といってもただの『土地貸し』なんですけどねw

 

でも、よーく考えてみると、田舎の国道沿いのお店には、自社で土地を持ってなくて賃貸で家賃を払ってるお店とかもあるということです。

普通に私もよく大きな通り沿いの飲食店とかで昼メシ食べたりしてますからね。

そういったお店が入るような土地を購入して貸すだけ。

 

意外とシンプルで身近な方法だった。

 

身近でシンプルすぎるから全然気がつかなかっただけでした。

しかもよくある不動産投資より全然利回り高いし。今後は土地貸しで動いていきたいと思います。

まだまだリサーチが足りないですが、とりあえず挑戦してみてうまくいきそうか、それとも微妙なのか、また記事にしていきますね。

 

とりあえず来週秋田に行って、詳しく話を聞いてきます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください