不動産投資全般

「思ってたのと違う…?」不動産投資で不労所得を得てわかった3つのこと

不動産投資で不労所得を得てわかった3つのこと

不動産投資といえば、何もせずに家賃収入が入ってきて「不労所得を得られる!」みたいなイメージがありませんか?

私も不労所得に憧れて不動産投資を始めたようなものです(笑)

 

ですが、実際に不動産投資を始めて不労所得を得られるようになって、さらに会社を辞めてみると、

「なんか思ってたのと違うな…」

というような気持ちになってしまったんです。

 

ではなぜ、「思ってたのと違う…」といった感情を抱いてしまったのか。

実はそこに3つの“あるポイント”が原因だったということがわかったんです。

 

私はこの3つのポイントをしっかりと考えて、『不動産投資の不労所得』と向き合うようにしたた結果、不動産の収入を今まで以上に増やしていけるようになりました。

やっぱりなんだかんだ言って、不動産からの不労所得はたくさんあった方がいいですよね!

 

ただ、そこにはちゃんとした“心構え”が必要だということです。

 

あなたも今回ご紹介する不動産投資の不労所得と向き合うために必要な3つのポイントをしっかりと理解することで、不動産からの不労所得をどんどん増やしていけるようになり、人生の豊かさも上がっていきますよ。

それでは、早速本題に入っていきますね。

不動産投資で不労所得を作るのは当たり前に出来てしまう

まず1つ目のポイントなんですが、

『不動産投資で不労所得を得られるのは当たり前』

であるということです。

 

当たり前と言ってしまうと、ちょっと家賃収入をいただくのにありがたみがなさそうな感じがしますが(笑)

もちろん家賃収入をいただけるのは、本当にありがたいことですよ!

 

私が言いたいのはそういうことではなくて、

『不動産投資は不労所得を得られる仕組みになっている』

ということです。

もう完全に仕組みが整って“しまっている”んです。

 

例えば、入居者を募集するにもイチからチラシを駅前とかで配って募集するワケではありませんよね。

SUUMOやアットホームといったサイトや便利な不動産アプリがあったり、管理会社に勤めている人が入居者を物件に案内してくれます。

満室になったら、管理会社が家賃をしっかり集めてくれますし、どこか修繕が必要だったり、退去するときの精算だって、全部管理会社がやってくれます。

 

完璧に『仕組み化』されてますよね。

 

オーナーがすることといえば、管理会社からの提案や要望に最終判断を下したり、空室がある場合は家賃設定やサービスをどうするかを考えるくらいです。

あとは放っておいても家賃が入ってきます。

オーナーが月〜金の9時〜17時まで出勤して何かをする、というワケではありません。

 

つまり、私たちは利益が出る物件を手に入れて、満室にして、あとは管理会社にお任せするというのが基本的な流れなんです。

どこかの工場で商品を包装して、さらにそれをダンボールに詰め込んで…みたいな流れ作業みたいなイメージです。

不動産投資は仕組み化されている

こんな感じで完全に仕組みが整っているので、私たちが特に注力しなければいけないのが、

『いい物件を購入する』

ということです。

 

いい物件をいい条件で購入できれば、あとは仕組みの上に乗せるだけです。(まぁ細かい工夫は必要ですが)

そうすると、家賃収入がほぼ自動で入ってきます。

 

なので、仕組みが整ってしまっているので、

『不労所得に憧れを抱きすぎない』

ということがひっっっっじょーーーに重要になります。

 

大切すぎるので、もう一度言いますね。

『不労所得に憧れを抱きすぎない』

ということです。これが2つ目のポイントです。

 

憧れも何も、不動産投資は不労所得になる仕組みにそもそもなっているので、当然の結果といえば当然の結果なんですよ。

不労所得に憧れすぎると、不動産会社のカモになって『ババ物件』を引くことになってしまうので注意が必要です。

 

幸い私は『ババ物件』を引くことはなかったんですが、不労所得に憧れて新築ワンルームマンションを買いそうになってことがあります…。

新築ワンルームマンションは買ってはいけない
新築ワンルームマンションは買ってはいけない!買った時点で99.99%失敗!こんにちは。大辻(@haruhito_otsuji)です。 今回は投資目的で新築ワンルームマンションは買ってはいけない!という内容...

「不動産投資の不労所得で月収○○万円!」みたいに釣ってくるケースが多いので、ヤバイ物件には気をつけるようにしましょう。

不動産投資の不労所得でサラリーマンを辞めたものの…

私は中古アパートを3棟購入して、

「3棟あれば収入が月○○万円くらいになるから、会社辞めても大丈夫だな!」

と思い、2018年の3月いっぱいでサラリーマンを辞めました。

 

もともと誰かに命令されるのが嫌いだったんで、とにかく命令されない環境に逃げたかったんですね。

サラリーマンだとどうしても命令されるので、もうサラリーマンを辞めるしか選択肢がありませんでした(笑)

 

で、不動産投資の不労所得のおかげでサラリーマンを辞めて、命令されない環境になったはいいものの、何だかわからない『虚無感』みたいなものに襲われたんです。

 

「結局、自分何がしたいんだろう…」

 

といった感じです。

 

特にやりたいことも定まってなかったので、せっかくサラリーマンを辞めて自由の身になったのに、やる気のない毎日を過ごしていました。

そうなってしまうと、もう本当に廃人みたくなってしまいます(笑)

できればこういった『賢者タイム』はすぐに改善していきたいですよね。

 

こうならないために重要になってくるのが、

『なぜ不動産投資で不労所得が欲しいのか?』

『不労所得を手に入れて何がしたいのか?』

ということを明確にしておくことです。これが3つ目のポイントです。

 

昔の私は、

「とにかく命令されたくないから、不動産投資で不労所得を手に入れて会社を辞める!」

みたいな感じでした(笑)

 

こんな変な理由で、しかも不労所得を手に入れて何がしたいかもハッキリしていなかったので、実際に会社を辞めるとソッコーで賢者モード発動ですよね(笑)

つまり、不動産投資で不労所得を手に入れた後に何も目標なり目的がなかったりすると、私みたいに結構ヤバイ状況になったりします。

 

なので、『お金がたくさんあろうとなかろうと成し遂げたい目標や目的』をしっかりと掲げておくことが大切です。

不動産投資の不労所得が“あれば”達成できる目標(私の場合だと会社を辞める)だけしかない場合だと、その目標はすぐに達成されてしまいます。

 

なぜなら、不動産投資で不労所得は普通に作れるからです。

 

そうではなくて、自分の本心からやりたいことや達成したい目標をしっかり持つこと、それらを叶える為に不動産投資を“利用する”くらいの感覚でいた方がいいですよ。

 

ちなみに、今の私は、

『志がある人のサポートをしたり協力をして、一緒に成長してく』

といった目標や理想があります。

それを実現していくために、自分の得意分野(不動産とかネットとか)を活かしていければなぁと思っています。

不労所得を構築するのはただの通過点。その先を見据えていくことが重要

今回は不動産投資の不労所得について、私が経験したことやそこから得られたことについてご紹介していきました。

まとめると、

  1. 不動産投資で不労所得を得るのは、仕組み化されているので普通にできる
  2. なので、あまり不労所得に期待や幻想を抱きすぎないこと
  3. 不動産投資で不労所得を得てから何を成し遂げたいか?その先の理想を明確にする

ということです。

 

中でも特に重要なのが3番の『不動産投資の不労所得なんかよりも先にある理想や目標』です。

 

まぁ不動産投資で不労所得を得ることなんて、ぶっちゃけただの通過点にしかすぎません。

大事なのは、不労所得を得て何をしたいか。

むしろ、不労所得があろうと無かろう何を成し遂げたいかが重要だということです。

 

ぜひあなたも高い理想や目標を掲げて、それらを達成するための方法として不動産投資を利用する、という感じで覚えておくといいですよ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

不動産投資に必要なものはたった1つ!?結果を出す人とそうでない人の違いとは?
不動産投資に必要なものはたった1つ!?結果を出す人とそうでない人の違いとは?「不動産投資を始めたいだけど、何から準備したらいいかわからないし、本当に必要なものってなんなの?」 と思うことはありませんか? ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください