不動産投資マインド

不動産投資は不動産賃貸業というビジネスであることを忘れてはならない

こんにちは。大辻(@haruhito_otsuji)です。

今回は不動産投資は不動産賃貸業であると認識しておくことの重要性についてご紹介していきます。

不動産投資って『投資』っていう単語がついているから、普通に『投資』なんだと思いますよね。

 

しかし、投資であることに変わりはないんですが、実際は不動産賃貸業という『ビジネス』と捉えていた方が今後うまくいきやすいです。

 

この記事でご紹介する、不動産投資=不動産賃貸業というマインドを身につけるだけで、不動産賃貸業で成功できる確率がグンと上がりますよ。

マインドを身につけるだけなら、大金がかかるわけでもないですし、なんだかできそうですよね。

 

そんなマインドを身につけるだけで、本当に不動産賃貸業であなたも成功できるようになっていきます。

 

私も不動産賃貸業を始めた頃から、「あ、これはビジネスなんだな」と思っていたので、大損することなくここまで来ることができました。

 

ぜひあなたも不動産賃貸業マインドを身につけて、不動産賃貸業で成功していってくださいね。

それでは早速本題に入っていきましょ〜!

なぜ不動産投資を不動産賃貸業と捉えた方がいいのか?

まず、なんで不動産投資を不動産賃貸業と捉えた方がいいのでしょうか?

 

それは『自分のビジネスである』ということを認識をしていないと失敗する可能性が高まるからです。

 

投資と考えると、あまり自分のビジネス感はしませんよね。

とりあえず『安く買って高く売る』みたいな。

 

投資と捉えすぎてしまうと、どこか『自分ごと感』が薄れる気がしません?

何かあるとすぐに他人のせいにしてしまったり…。

 

新築ワンルームマンション投資とか、かぼちゃの馬車で失敗してしまう人って、この『自分ごと感』がなくて、全部誰かがなんとかしてくれると思っていたから失敗したわけですよね。

しかし、実際は不動産投資は不動産賃貸業というあなたのビジネスなので、『利益をしっかりと残すこと』が非常に重要になってくるんです。

 

それを、大した所得があるわけじゃないのに節税目的で買ったり、30年後の備えとか言って毎月のキャッシュフローがマイナスだったりすると、確実に失敗してしまうんです。

 

つまり、不動産投資を不動産賃貸業として捉えないと、ジャッジするポイントを間違えてしまい、結果的に失敗してしまうんです。

 

不動産投資で失敗してしまうと、大きな金額を損してしまうことになります。

そうなると復活するのもなかなか大変ですよね。

そうならない為にも、不動産投資は不動産賃貸業である、自分のビジネスであるという意識を持っておきましょう。

 

最低でもキャッシュフローが黒字で、残債で売却できるレベルで仕入れられるといいですね。

不動産賃貸業と捉えておくことで成長につながる

不動産賃貸業=ビジネスですよね。ビジネスの基本は、価値を提供してその対価をしてお金をいただくこと。

本質的にはお客さんが心から喜んだり必要としたりしてるものやサービスを提供して、価値をどんどん循環させていくこと。

そうすることで、お金だけでなく、信頼や気の合う仲間などが増えていって、自分自身の満足度や幸福度が上がっていきます。

 

ビジネスの基本や本質を捉えて、価値循環を起こしていくためには、自分自身、あなた自身が成長していかないと、あまり大きな価値循環は起きないですよね。

例えば、スキー場のリフトがしょぼいサイズでゲレンデの頂上まで1時間で1人、2人しか上げることができないとしたら、そんなスキー場流行らなさそうですよねw

1時間に何千人何万人も頂上に上げられる巨大リフトの方が流行るスキー場になるはずです。

 

このように、価値を提供している人(不動産のオーナーとか、ビジネスオーナーなど)のレベルが高ければ高いほど、大きな循環が生まれていきます。

 

不動産賃貸業を始めるということは、『住まい』や『場所』という大事な価値を提供しているので、ちゃらんぽらんだったらマズイわけですよ。

不動産賃貸業、ビジネスと捉えておくことで、成長していかなければならなくなってしまいます。

これを投資だから「とりあえず儲かればいいや!」みたいな感覚でいると成長も止まってしまいます。

 

それだともったいないですよね。

 

住まいや場所という価値を提供して、お客さんにちゃんと喜んでもらう。

それを意識して賃貸業をすることで、もっとお客さんが喜ぶことを想像できるようになっていきますし、実際に喜んでもらったときは、自分自身もとても嬉しくなります。

 

そのビジネスの経験を私は24歳くらいのときから経験することができたので、その経験は大きかったと思います。

不動産賃貸業で経済的にも精神的にも豊かになっていける

今回は不動産投資を不動産賃貸業というビジネスと捉えるとうまくいきやすいということをご紹介させていただきました。

「投資だからとりあえず儲かればいいや〜」「誰かがなんとかしてくれるでしょ〜」という捉え方だと、失敗してしまう確率も高くなるし、成長していくことも難しいですよね。

 

不動産賃貸業をしっかりとやっていくことで、もちろんお金も稼ぐことができますし、人として成長していくこともできます。

お金もあって、成長もできて、信頼できるパートナーや仲間がたくさん増えていったら、充実した人生になりそうですよね。

 

不動産賃貸業はそんなことできるようになっていくんです。

 

ぜひあなたも不動産賃貸業で充実した人生を送っていけるようにしていってくださいね。