仮想通貨

仮想通貨を消費者金融から借金をして買ってしまったときの対処法とは?

仮想通貨と借金

こんにちは。大辻です。@haruhito_otsuji

 

2017年の年末くらいから仮想通貨ブームが加熱して、2018年1月にはコインチェックのハッキング事件など、何かと仮想通貨の話題が絶えないですよね。

「自分もこのブームに乗って仮想通貨で一発当てよう!」

と思った人も多いのではないでしょうか?

中には消費者金融から借金をして仮想通貨を買ってしまった人もいるかもしれませんね。

私の知り合いは仮想通貨を買うために借金をしてしまったんですが、しっかりと対策したことで今では借金をチャラにすることができています。

そもそも仮想通貨は余剰資金で買うのが大原則ですが、

「もうすでに借金して仮想通貨買ってしまったよ…」

という場合はどうするのが一番いいのか気になりますよね。

そこで今回は仮想通貨を消費者金融から借金をして買ってしまったときの対処法についてご紹介いたします。

この記事を読むことで、仮想通貨を買うための『借金地獄』から脱出することができますよ。

1.生活に影響が少ないレベルなら長期保有がおすすめ

仮想通貨は長期保有、ガチホ

毎月の返済が例えば3万円だとして、「3万円くらいなら毎月の生活に全然影響がない!」というのであれば、長期保有しておくのもひとつの手です。

仮想通貨・ブロックチェーンはまだまだ生活に浸透していませんし、実用化されてくるのはこれからです。

なので、長期で保有して価値が上がってきたときに売り抜いて、借金を全て返すというのもありですよね。

残った利益でまた再投資すればいいわけです。

ただ、消費者金融からの借金を毎月ちょびちょび返していると金利が高くつくので、できればボーナスなどで一時的に大きなお金が入ってきたタイミングで一括返済するのがいいでしょう。

仮想通貨を利確しなくても返せるのであれば、早く返済してしまった方がいいですね。

長期保有する場合はウォレットに保管しておこう!

ハードウェアウォレット

仮想通貨を長期で保有するのであれば、取引所に置かずに必ずウォレットに保管しておくようにしましょう。

取引所に置きっ放しにすると、その取引所がハッキングされて破産してしまったり(いわゆるGOX)すると、そこに置いていた資産が無くなってしまう可能性があります。

つい最近ですと、CoincheckのNEMがハッキングされた事件がありましたが、あのような事態になってからでは遅いです。

取引所に置きっぱにするのは非常にリスクが高いので、しっかりとウォレットで管理しましょう。

安全なのはパソコンのソフトで管理する『ソフトウェアウォレット』か、Ledgerのような『ハードウェアウォレット』で管理するのがいいです。

ソフトウェアウォレットに関しては、各仮想通貨で用意されているものがあったりするので、

『◯◯(仮想通貨の名前)+ウォレット』

などで検索してみると、それぞれに対応したソフトウェアウォレットの設定の仕方が出てきますよ。

ハードウェアウォレットはUSBのような小さな端末に秘密鍵を保存して仮想通貨を管理するものになります。

ネットに繋がっているわけではないので、ハッキングされることもありません。

端末を無くしたりぶっ壊したりしても、パスフレーズというものをメモって保管しておけば復元することも可能です。

なので、ハードウェアウォレットが安全性的には一番高いですね。

ただ、端末が小さいので無くしてしまわないように注意しましょうw

ハードウェアウォレットLedger NanoSの公式サイトはこちら!

2.どうしようもないレベルなら債務整理をする

債務整理

月の返済が10万円以上になってしまって、

「これじゃあ生活がままならない…」

「いま利確しても価格が下がってしまったから全額は返済できない…」

というケースも考えられますよね。

「2017年末の高騰した時期に購入してしまい、いまはかなり暴落してしまったが、毎月借金の返済はしないといけない…」

「コインチェックに置きっ放しにしてて出金できなくなったけど、借金の返済をしないといけない…」

という感じですかね。

こういう場合は弁護士さんに相談して『債務整理』という方法で借金を減らすことができます。

債務整理には主に4つの種類があります。

  1. 任意整理
  2. 個人再生
  3. 自己破産
  4. 過払い金請求

過払い金請求は平成18年以前の返済に関わるものなので、①〜③番のどれかの方法で借金を減らすことになります。

悩んでいるだけだと解決できませんし、相談するだけなら無料ですので、まずは相談してみるといいですよ!

相談無料!全国対応の弁護士に債務整理を依頼する!

まとめ:消費者金融から借金をして仮想通貨を買うのはおすすめではない

仮想通貨を借金で買うのはおすすめではない

今回は消費者金融から借金をして仮想通貨を買ってしまったときの対処法についてご紹介しました。

そもそもですが、仮想通貨は借金までして買うものではありません。

人生一発逆転!を狙って仮想通貨に投資するのもありっちゃありですが、毎月返済出来ないとどうしようもないですからね。

まずは余裕がある生活を維持できるように、稼ぐ力を身につけた方がいいでしょう。

サラリーマンだったら転職したり、ブログ書いて副業したり、不動産投資したりと、稼ぐ方法はいっぱいあるわけです。

不動産投資も自己資金ゼロで始めることができますからね!

https://true-investors.net/20180103/274/

稼ぐ力をどんどん身につけて、その余剰資金で仮想通貨に投資していきましょう。

そうすれば億り人も決して夢ではありませんよ。

関連記事:サラリーマンが不動産投資で成功するために押さえておきたい8つのポイント

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください